〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

航空宇宙システム概要

航空宇宙HIL試験の技術と専門知識

OPAL-RTリアルタイムシミュレーターの一号機は、航空宇宙分野のお客様でした。
それから20年以上、同社は業界で最も革新的なプレーヤーとトップレベルの技術的関係を築いてきました。
OPAL-RTは、航空宇宙プロジェクトの管理構造全体を最先端のプロセスに統合することに成功し、航空宇宙および防衛産業におけるHILテストの主要なパートナーになりました。

OPAL-RTのターンキーテストベンチは、航空宇宙制御システムのリアルタイム検証、認証の要件に対処するために特別に設計された専用I / Oと通信プロトコルを使用しています。
これらは、数百時間のプルーフテストにより性能検証がされています。
OPAL-RTのシステムは世界中で継続的に使用されており、商用または防衛航空機に関係するあらゆるタイプのLRU(Line-Replaceable Unit)、および完全なIron Bird構成で高信頼性のテストを行っています。



機能とメリット

OPAL-RTのターンキーテストベンチソリューションは、航空宇宙業界の複雑で洗練されたオンボードコントローラーのV&V(Verification and Validation)を提供します。

長年の研究開発から、APU制御、空気管理システム制御、FADECなどについて、最も手頃な価格でカスタマイズ可能でスケーラブルなソリューションが生まれました。
オンボード電源システム専用に開発されたOPAL-RTの技術は、プロトコル、アルゴリズム、およびリアルタイムアプリケーション用SimScape Power System等の統合により、多くの電気航空機(MEA:More Electrical Aircraft)のテストおよび検証ツールに生かされています。


OPAL-RTの航空宇宙向け主要製品

OPAL-RT製品とツールがどのようにしてプロトタイプの検証を加速し、開発時間を短縮し、航空宇宙分野での新技術の全体的な市場投入までの時間を短縮するのかをご覧ください。

ターンキーテストベンチ
OPAL-RTのターンキーテストベンチは、最も要求の厳しい航空宇宙アプリケーション向けにカスタマイズされています。
HILテクノロジーおよびプロジェクト管理のコーチングサービスも利用できます。
RT-LAB
RT-LABは、最も完全で要求の厳しいSimulink航空宇宙モデルを変換できる高度なシミュレーション制御プラットフォームです。
航空関連プロトコル
OPAL-RTは、航空宇宙および防衛HILアプリケーション専用に設計された通信プロトコルのほとんどを提供します。
組み込みパワーシステム
MEAのリアルタイムシミュレーションは、さまざまなアビオニクステスト規格への準拠への保証に使用されます。
航空機装備品の電気化 (More Electric Aircraft:MEA)について Bombardier Global Express for Avionicsの標準検証でのリアルタイムシミュレーションの使用に関する詳細レポートをお読みください。


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。