〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

自動運転

未来への統合

従来、道路や軌道のテストは費用や時間がかかりすぎました。

OPAL-RTのシステムは、物理テストベッドをシミュレーションプラットフォームに移し、自動車車両をテストする際の問題を克服します。
OPAL-RTシステムは、Data FusionやDeep LearningからLIDARなどの新しいセンサーに至るまで、今後車両に導入される新技術を統合出来る柔軟性を備えています。



自動運転車両のシミュレーションには、いくつかの異なるソフトウェアが必要です。
RT-LAB  ORCHESTRAは、これらすべてのツールを組み合わせて車両全体をデジタルシミュレートできるプラットフォームを提供し、さまざまなベンダーの多様なモデルを相互利用できます。

さらに、RT-LAB  ORCHESTRAは、PC、リアルタイムOPAL-RTシミュレーター、HPC 、クラウドの4つのプラットフォームで協調シミュレーションを行います。
これにより、設計プロセスでのシミュレーションの有効性が向上し、市場投入までの時間が短縮され、全体的なコストが削減されます。


RT-LAB Orchestra: 開発のすべてのステップで活躍

The Power of Partnership

RT-LAB ORCHESTRAは、インテリジェント車両ソリューションで多く使われ実績があるシミュレーションツール多くが使用できます。
さらにカスタマイズが必要な場合、専門知識を提供しながら新しいパートナーと協力して、システムの機能を拡張します。


ADAS(Advanced Driver-Assistance Systems Applications)

ADAS(Advanced driver-assistance systems)は、安全性とより良い運転のために車両システムを自動化/適応/強化するシステムです。

安全機能は、ドライバーに潜在的な問題を警告する技術を提供することで衝突や事故を回避するか、セーフガードを実装して車両の制御を引き継ぐことで、衝突を回避するように設計されています。
アダプティブ機能は、照明の自動化、アダプティブクルーズコントロールの提供、ブレーキの自動化、GPS /交通警告の組み込み、スマートフォンへの接続、他の車や危険に対するドライバーへの警告、ドライバーの正しい車線の維持、または死角の状況等を表示します。


Highlights and Benefits

RT-LABオーケストラはFMI互換で、カードを簡単に接続して統合して、さまざまな運用システムとプラットフォームを使用して実行できます。
さらに、RT-LAB ORCHESTRAは、検証のすべての手段(MIL、SIL、およびHIL)で使用できます。

モデルを実行するコンピューティングコアを選択します。RT-LABオーケストラの複数のセッションを組み合わせて、ハードウェアプラットフォームを完全に活用できます。
ORCHESTRA APIのおかげで、コンパイルされたモデルをさまざまなユーザーと共有しながら、知的財産を保護できます。


RT-LAB Orchestra Co-simulation on Three Platforms

OPAL-RT Simulators
最大32コアのIntelRXeonRE5プロセッサーをベースにしたOP5031シミュレーターは、RT-LAB ORCHESTRAの構成に理想的なマスターシステムとして機能します。
I / O拡張バスまたは任意の通信プロトコルを接続することが可能です。
High-performance computing
大規模なテスト機能の場合、RT-LAB ORCHESTRAはLinuxまたはWindowsオペレーティングシステムを実行するハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)で実行されます。
Cloud
RT-LABオーケストラは、クラウドコンピューティングを通じてオンデマンドで実行できます


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。