〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

電力システムおよびパワーエレクトロニクスアプリケーションのPHILシミュレーション Part1

Author : Dr. Sudipta Chakraborty

PHIL(Power Hardware-in-the-Loop)とは

ここでは、リアルタイムシミュレーションとPHIL(Power Hardware-In-the-Loop)テストの基本について説明します。

PHILテストセットアップと実験の詳細については、次に説明します。
PHILの一般的なアプリケーション、考慮すべき重要な仕様、アンプの選択、および閉ループテストを作成するための追加要件が含まれます。
電力システムおよびパワーエレクトロニクスの一般的なPHILテストの例をいくつか示します。


著者経歴

Dr. Sudipta ChakrabortyはOPAL-RTのエネルギーシステム担当ディレクター。
電力システムとパワーエレクトロニクスアプリケーションのリアルタイムシミュレーションとHILに関連する米国のR&D活動を指導しています。

Dr.Chakrabortyは、電力コンバーターとPVのグリッド統合関連で11年以上の経験、HILで9年以上の経験、およびパワーエレクトロニクスで16年以上の経験を持っています。

OPAL-RTに参加する前は、国立再生可能エネルギー研究所(National Renewable Energy Laboratory)の主任エンジニアであり、高出力密度SiC PVインバーターの開発、モジュール式パワーエレクトロニクスの開発など、インバーターテストおよびIEEE 1547やIEEE1547.1などのグリッド相互接続規格をサポートするためのIn the Loopベースの方法を使い。再生可能エネルギーとグリッド統合に関するプロジェクトを率いていました。

関連記事


お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。