〒464-0067
名古屋市千種区池下1丁目11番21号
サンコート池下ビル2階
TEL:052(764)3311 FAX:052(764)3632

4-Quadrant PHIL Amplifier

アンプシステム


OPAL-RTの高性能4象限パワーアンプはPHILテストに革命をもたらします

OPAL-RTの OP1400は、リアルタイムデジタルシミュレーション用の高速・低遅延閉ループ通信が可能な4象限パワーアンプです。

パワーアンプは、OPAL-RTシミュレータと組み合わせることで完全なPHIL(Power Hardware In the Loop)テストツールとしてご使用いただけます。


絶え間ない変化に対応できる柔軟性

OP1400パワーアンプは、2つの3相モジュールから構成され、各々の相ごとに5kW、120Vrms 14A、最大10kHz(-3dB)0.5%未満の全高調波歪み(THD)の性能を持っています。

OPAL-RTのリアルタイムプラットフォームRT-LABおよびHYPERSIMと完全に互換性があります。
コンパクト、低価格、19インチラックサイズで、過負荷、短絡、過熱保護機能を備えています。
また、非散逸回生機能も備えており、2Uシャーシラックに取りつけられます。
低遅延SFP通信インターフェースを備えた高速通信対応で、リアルタイムシミュレーターを使用して、内部的には最大6.6Gbpsの1.67usの内部クローズドループを実現できます。


OP1400 Series Power Amplifier | Specifications



PHILアンプを選択する前に考慮すべき重要な要素を確認

PHIL(Power Hardware-in-the-Loop)により、電力変換器、発電機、モーターなどのさまざまなタイプの電力機器を, -アナログテストベッドまたは実際のシステムを使い破壊することなくテストできます。

このホワイトペーパーでは、Power Hardware-in-the-Loop(PHIL)テスト用のパワーアンプを選択する際の重要な検討事項が書かれています。

ご要望の方は下記からご連絡ください。


対応シミュレーションシステム



さらに Empower Your Microgrid Testing Laboratory マイクログリッドLABを強化

研究と教育に最適なOP1420 Microgrid PHILテストベンチは、OPAL-RTのシミュレーターと新しいOP1400 4-現象 PHIL Amplifierを組み合わせています。

モデルベースの設計・テスト手法を使用して、マイクログリッドのトポロジをシミュレート(SIL)し、マイクログリッドまたはパワーエレクトロニックコントローラーを検証(HIL)し、実際のマイクログリッドコンポーネントの妥当性確認(PHIL)を行います。



お問い合わせ先
株式会社 NEAT
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3311FAX:052-764-3632

Opal-RT Technologies,Inc.
1751 Richardson, Suite 2525 Montreal, Quebec, Canada, H3K 1G6
TEL:+1-514-935-2323FAX:+1-514-935-4994

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。