各種ラマン分光装置の紹介

レーザーラマン分光装置

ポータブルラマン分光光度計 Agility


BaySpec社製ポータブルラマン分光光度計Agility(TM)は、高感度・高再現性でありながら、小型・堅牢な装置です。寸法約25 x 30 x 15 cm、重量約6 kgでバッテリー動作も可能です。

1波長モデル(532, 785, 1064 nm)と2波長モデル(532/1064または785/1064 nm)からお選びいただけます。
アライメント不要で簡単に交換できる4種の試料ホルダーで、さまざまな形状の試料に対応します。


特長
  1. 光源・分光器・タッチスクリーンPCの一体型ポータブル装置
  2. バッテリーオプションで、野外での測定を可能にします
  3. 試料ホルダー (オプション) で、試料の形態を問わず測定できます
  4. 冷却付きCCDまたはInGaAs検出器で低ノイズ
  5. 透過型回折格子、F/1.8デザインで高スループット
  6. 蛍光の妨害を最低限に抑えます (励起 1064 nm)
  7. 2波長モデルで、アプリケーションの幅が大きく広がります
  8. レーザーパワーはソフトウェア上で任意に設定できます
  9. 可動部がなく、光学部品は耐衝撃マウントに搭載
  10. 直観的・効率的に使えるWindowsベースのソフトウェア
  11. ライブラリ検索(Bayspec製、ユーザ定義、サードパーティー製)


ベンチトップラマン分光光度計 RamSpec

BaySpec社製ベンチトップラマン分光光度計RamSpec(TM)は、簡便な操作性とクラス最高峰の性能、長期間にわたる信頼性を備えた装置です。

透過型分光器と電子冷却検出器により超高感度、ラマン分光に最適化されたクラス3Bレーザー光源を搭載、研究グレードの装置ながら小型・高集積が特徴です。

オプションで組み込み式タッチスクリーンコンピュータとファイバー出力ポートもお選びいただけます。
電子冷却(-55℃)の2048素子CCDまたは512素子InGaAs検出器により、フルレンジ(100-3200cm-1)と高分解能(4cm-1)を両立します。
励起波長は532、785、1064 cm-1からお選びいただけ、これまでにない柔軟性と汎用性をラボにもたらします。


特長
  1. ファイバープローブオプションまたは試料室オプション
  2. 電子冷却(-55℃)検出器で低ノイズ
  3. FTラマンクラスの波数範囲とS/N比を実現する革新的な512素子InGaAs検出器 (励起1064 nm)
  4. 高分解能モデルRamSpec-HR(TM)もあります (励起1064 nm)
  5. 可動部がなく、光学部品は耐衝撃マウントに搭載
  6. 直観的・効率的に使えるWindowsベースのソフトウェア
  7. ライブラリ検索(Bayspec製、ユーザ定義、サードパーティー製)


ポータブルラマン顕微鏡 MovingLab

BaySpec社製ポータブルラマン顕微鏡MovingLab(TM)は、手軽に持ち運びができ、励起光は3波長(532, 785, 1064 nm)から選択できる、業界初の装置です。

バッテリー電源と、透過型回折格子をはじめとした独自の集積デザインにより、コンパクトながらクラス最高峰のスループットを誇ります。


特長
  1. 手頃な価格でポータブル、バッテリー動作で野外での測定に便利です
  2. 正立顕微鏡、反射および透過照明
  3. 3波長(532, 785, 1064 nm)から選択、レーザーパワー調節可能
  4. 蛍光の妨害を最低限に抑えます (励起 1064 nm)
  5. 透過型回折格子で高スループット
  6. 電子冷却検出器(softまたはdeep-cooled)
  7. 光学部品は耐衝撃マウントに搭載
  8. 直観的・効率的に使えるWindowsベースのソフトウェア
  9. ライブラリ検索(Bayspec製、ユーザ定義、サードパーティー製)


共焦点ラマン顕微鏡 Nomadic

BaySpec社製共焦点ラマン顕微鏡Nomadic(TM)は、複数励起光(532, 785, 1064 nm)を搭載した世界初の装置です。

非破壊で素早く分析・診断が行え、化学・製薬・生物・物質科学・地質学などの研究ラボにおいて、かつてない実力と柔軟性を発揮します。
ラマン顕微鏡により、最高空間分解能0.2μm・超低ノイズで分析・同定を行えます。
光学像では見えないようなサンプルの成分・構成の違いを、ケミカルイメージを取得することにより、非破壊ではっきりと示すことができます。


特長
  1. 複数励起光(532, 785, 1064 nm)を搭載
  2. 電子冷却検出器で低ノイズ
  3. 励起光ごとに設計された高スループットの独立光学系
  4. 研究グレードの顕微鏡、他の顕微手法をシステムアップ可能
  5. お手持ちの顕微鏡に追加導入も可能
  6. ソフトウェアによる全自動制御、多成分解析も可能
  7. 同クラスの製品より低価格

お問い合わせ先
i-NEAT株式会社
愛知県名古屋市千種区池下1-11-21
TEL:052-764-3341 FAX:052-764-3340

株式会社 システムズエンジニアリング
東京都文京区本駒込2-29-24 パシフィックスクエア千石9F
TEL:03-3946-4993 FAX:03-3946-4983

* 記載の会社名および製品名は、各社の登録商標および商標です。

分析
分析用前処理装置
水分計
プロセスラマンシステム
FT-IR(フーリエ変換赤外分光装置)
FT-IR 周辺アクセサリー
レーザーラマン分光装置